太陽光発電のシステム、補助金

太陽光発電のシステムや補助金の話

太陽光発電と補助金

太陽光発電のシステムを採用すれば、個人であっても会社であっても、援助を受け取ることができるため、全国各地で太陽光発電を見かけるようになりました。
この制度によって、余分な場所がある場合は、太陽光発電を取り付けることによってその場所を無駄なく使用することができます。
平成25年度では、この制度はどのようになっているか見ていきましょう。
毎年のことですが、いつかはこの仕組みも打ち切りになるだろうと思われるため、今のうちに太陽光発電を取り付けようと思っている人が多数います。
初めに、補助金申込書というものを書いて申請します。
これは期日が決まっており、それを経過してしまうと受理してくれないので気を付けてください。
申請が受け入れられたことは連絡が来るのでわかります。
この段階では具体的な取り付け作業はしていないと思いますが、申請が受け入れられたことを確認してから取り付け作業に入ってもらうことが重要です。
また、作業中は、しっかりと作業が行われたことを示すために定期的に現場の写真を残しておかなければなりません。
また、おそらく心配の必要はありませんが、作業の期限は7ヶ月以内という決まりもあります。
電力系統についての作業が終了すると、工事完了報告書を含んだ、補助金交付申請書というものがあるので、それを書かなければなりません。
その後補助金交付決定通知書というものが届き、お金をもらうことができます。
流れは複雑ですが、大抵の場合は太陽光発電を取り付けてくれた方々の担当の人がやってくれるので、それほど心配しなくても大丈夫です。
太陽光発電のシステムが動き出してしまえば、特に何もすることなく売れた電気の分のお金を得ることができます。

太陽光発電システム

最近、ソーラー発電の制度が人気です。
その理由としてまず考えられるのが、国から補助金を受け取ることができるということです。
この仕組みは一過性ものなので、いつ終わってしまうかはわかりません。
ある程度のソーラー発電が設置されてしまえば、そこで終わることになるでしょう。
そのため、業者は大々的に商売を展開し、ソーラー発電の設置を呼び掛けているのです。
もちろん、この仕組みによって電気代を減らして電気を売ることで収入を得ることができます。
しかしこれは現在のことであって、今後もこのようなことが可能であるという保証が大事となってきます。
この仕組みで収入を得るためには、電気の売値がポイントとなってきます。
今は国の方針によって売値は高く設定されていますが、それが10年後には改定される予定です。
もちろん、今よりも低くなると思います。
補助金も期待することはできないでしょう。
つまり、この仕組みを導入するのに必要なコストと、どのくらいでそれを回収することができるかということを考えておかなければなりません。
近頃は、家の屋根の上という典型的な設置場所以外にも、空き地にソーラー発電が存在していることがあります。
他のエネルギーと異なり、太陽光はクリーンなので弊害はなく、維持する手間もそれほどありません。
今後はソーラー発電が活躍し、電気代を減らしていくのではないでしょうか。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ